札幌デザインウィーク2007 レポート
札幌デザインウィーク2007 レポート
対外交流委員会  森 徳彦

2005年から始まり、今回で3回目の開催となった札幌デザイナーズウィークは、2007年から
デザイナーズウィークの母体から独立し、札幌デザインウィークというネーミングで新たな出発
をしました。

会期は10月31日のキックオフパーティに始まり11月1日~4日までの4日間。
JIAを主とする建築家のショップ参加は30名です。
今回は、東京で開催された登録建築家展、道立近代美術館の建築家展などと重なり、昨年より
3名、参加者が減る結果になりましたが、新しい参加者も増えたということに次の年に繋がる予
感がしています。

会期中の主な内容ですが、建築家個人のショップイベントの他、2006年から開催された4団
体合同企画展「5Re展」が2007年も開催され、JIAも参加しました。
内容は企画展参加とワークショップです。
消費されないデザインをテーマに長く使っているモノ、自分のデザインの基本になっているモノ
にコメントを沿えて展示する企画展「my best standard design 100」ではJIAの参加者が
15名ありました。
また、家具デザイナー伊藤千織氏が講師を務めた「ダンボール家具ワークショップ」は、定員
オーバーになるくらいの一般参加者があり、前年に続いて2回目のワークショップが盛況のうち
終えることができたということは、多少一般の方々にもデザインウィークが認知されつつあるの
かもしれません。

ともあれ、3回目のデザインウィークを無事に終えることができました。
至らない部分やご迷惑をお掛けしたことが多分にあったと思いますが、ご協力いただい方々、
支えてくださった方々に、心から感謝申し上げたいと思います。
今後のデザインウィークで、JIAの参加者の方々が更にもう一歩、社会に踏み込みんで、積極
的関係をつくっていただけることを期待しています。

b0117713_9221459.jpg

b0117713_9222320.jpg

[PR]
by hokkaido-jia | 2008-01-15 20:00 | 北の建築家たち Vol.63
<< 住宅部会住宅賞について Pocket Gallery ... >>