住宅部会住宅賞について
2007年度住宅賞をふりかえって                                                                                                                  住宅部会副代表 小西 彦仁

 JIA住宅部会恒例のレビューが昨年8月に大光電気ショウルーム3階イベントホールで約80名
の出席者の中で開かれた。今回のノミネートはハルニレ賞 五十嵐淳、井端明男、小西彦仁、
中村好文、中山真琴。フキノトウ賞は浅香克章、大塚達也・湊谷みち代、日野桂子。アカシア賞、
上原秀晃、名古屋英紀、藤本壮介(当日不在)。の各氏が熱のこもるプレゼンテーションを行い、
会場の参加者との応答を交え5時間にわたり繰り広げられた。

 その結果、2007年度のハルニレ賞はグレイ山荘の井端氏。フキノトウ賞はATの浅香氏。
そして集合住宅のアカシア賞は情緒児短期治療施設(伊達市)の藤本壮介氏と決定しました。

 この賞も創設から14回目となり、この辺でもう一度賞のあり方や選ばれ方を考え直す良い機会
かとも思います。それはレビューのとき毎回80名から100名近く集まるがその中で投票権を持
つ住宅部会の人の参加が少ないことである。この賞は投票により決定される、やはり生の作者の声
を聞いてほしいと思う。また年々減少している投票率も問題である。などなど改善していかなけれ
ばならない課題があります。今後どの様にしていくかはまた、皆さんの声を聞きながら検討してい
きたいと思います。14年間の蓄積が無駄にならないようにしたいものです。


b0117713_124052.jpg
ハルニレ賞                                   グレイ山荘 / 井端 明男
                                 
         
b0117713_1242425.jpg
フキノトウ賞                                     AT / 浅香 克章
 

b0117713_1244583.jpg
アカシア賞                               情緒児短期治療施設 / 藤本 壮介 
[PR]
by hokkaido-jia | 2008-01-25 18:00 | 北の建築家たち Vol.63
<< 建築家展 前日 札幌デザインウィーク2007 ... >>