(社) 日本建築家協会   北海道支部 広報
by hokkaido-jia
検索

カテゴリ
北の建築家たち2010
北の建築家たち Vol.66
北の建築家たち Vol.64
北の建築家たち Vol.65
速報 建築家展 2008
北の建築家たち Vol.63
北の建築家たち Vol.62

カテゴリ:北の建築家たち Vol.66( 25 )
環境省エコハウスモデル事業
                                              環境行動ラボ委員会 小室雅伸

 全国20か所でエコハウスを建設する環境省の事業は、JIA環境行動ラボ委員会が事業総括業務を
プロポーザルで得て、各地域のJIA会員を窓口担当者に任命して事業を進めてきた。北海道からは
下川町と美幌町が選ばれ、小室と小西彦仁がそれぞれ窓口となった。

 設計者選定はプロポーザル方式で行われ、下川町は櫻井百子氏、美幌町は堀尾 浩氏が選定された。
この事業は、完成後はもちろんのこと設計者選定から工事中も含めて、エコハウスの普及活動・情報
発信がもとめられた。プロポーザル応募者には3回の勉強会出席が義務付けられ、工事の様子も現場
見学会・セミナーにて広く公開することが求められた。

b0117713_2151917.jpg

                                             下川町エコハウス2月末の現場

 平成21年度事業なので平成22年3月31日までの完成が必須だから極めて特異なスケジュールに
ならざるを得なかった。とりわけ北海道においては冬季の寒さと雪との戦いが施工に伴うことが大きな
負担になったが、両町とも役場担当者・設計者・施工者が一丸となって協力しあい円滑に工事が進められ
期限までの完成が成し遂げられるに違いない。

b0117713_2154360.jpg

                                           下川町プロポーザル参加者勉強会
 
  両町とも林業に力をいれており、先進的なエコ技術を採り入れ、地域の暮らしへの提案であるとともに、
地場産の木材活用を拡大することも大きなポイントである。2つのエコハウスは北海道が蓄えてきた寒冷
地建築技術の先端を示すものとして、更なる居住環境の向上に役立つ情報を発信し続けるものと確信する。

b0117713_2155724.jpg

                                                 下川町第2回現場見学会
 
[PR]
by hokkaido-jia | 2010-03-14 04:00 | 北の建築家たち Vol.66
美幌町エコハウス

                                            環境行動ラボ委員会 小西彦仁

 2009年度の環境省の事業で全国20の市町村がエコハウスの事業に選ばれ、その中の一つが北海道
美幌町です。エコハウスは実施コンペで美幌町には20数社のエントリーがあり第一次審査により5者の
設計者を選考し、第二次では公開プロポーザルにより最終設計者を選びました。公開審査ではインターネット
により全国に審査の状況をリアルタイムに公開し700近いアクセスがありエコハウスの興味の深さを知り
ました。そして設計者に選ばれた堀尾 浩氏により現在工事が進められており、2009年3月末には完成
する予定です。完成の折には皆様にお披露目をする予定でおりますので是非ご覧ください。
[PR]
by hokkaido-jia | 2010-03-14 03:30 | 北の建築家たち Vol.66
日本建築家協会新年交礼会 2010

                                                平尾稔幸
支部集会  ・理事会報告、法人形態
        ・登録建築家オープン化スタート(独立した立場に限る)
        ・UIA2011東京大会
        ・上遠野徹先生を偲ぶ会
        ・事務局新人 伊賀たけ美さん挨拶
        ・2010年バルセロナ建築家との交流事業 など

b0117713_15223372.jpg


 交礼会では  ・賛助会会長・副会長・支部長の挨拶
        ・新入会員 石井孝行さん(釧路)の挨拶
        ・新入賛助会員の紹介
        ・バルバラ・カポキン・ビエンナーレ国際賞グランプリの
小西彦仁さんの挨拶とその愛国農場の家への講評
「シンプルさと謙虚さ。魔法で周囲の混乱を統率。
         ネガとポジの見事な対話。3つの高さが周囲を調和させている。」
         などが紹介されました。

b0117713_15242636.jpg


b0117713_1522516.jpg

[PR]
by hokkaido-jia | 2010-03-14 02:30 | 北の建築家たち Vol.66
第二回JIA「テスクチャレンジ設計コンペ」公開審査会

                                          JIA コンペ実行委員長  橋本敏明


日時 2010年3月19日(金) 14:00~17:00

場所 KBビル 5階(札幌市中央区大通西20丁目3 画工房内)

審査 委員長 米田浩志 (北海学園大学工学部建築学科教授)
    委員  豊島 守  (JIA 北海道支部長)
                 代理 上遠野克(JIA 副支部長)
    丹 征吉 (株式会社テスク代表取締役社長)
    遠藤謙一良(JIA 幹事長)
    藤島 喬 (JIA 対外交流委員長)
    山本亜耕 (JIA 環境部会代表世話人)
    照井康穂 (JIA 環境部会副代表世話人)
    齊籐文彦 (JIA 職能業務副委員長)
    橋本敏明 (JIA コンペ実行委員長)
    平尾稔幸 (JIA コンペ実行委員)

賞  最優秀賞「けものみちのうえのいえ」高橋一正(㈱二本柳慶一建築研究所)
    優秀賞 「知覚の森」太田宏生(㈱画工房)
    優秀賞 「森・トラス・都市」富谷洋介(㈱遠藤建築アトリエ)

 去る3月19日にJIA・テスク共催の第二回JIA「テスクチャレンジ設計コンペ」の公開審査が開催され
ました。会場は、KBビル5階にて、パネル展示により行われました。

 課題は「北海道の森と建築~くらし・資源・生命・観光などとも共振する空間~」でした。

応募作品は、森の環境を題材として具体的な建築空間、森を使って行われる社会システムの提案、
コンセプチャルな提案などそれぞれ特徴のある作品がそろいました。 公開審査は、一般傍聴者が注視
する中、各委員がそれぞれの作品への評価を発表しながら、4段階の投票を経て最優秀賞1名、優秀賞
2名が選ばれました。この表彰式は、北海道支部の総会にて行う予定です。
 当コンペは、今後も継続予定ですので、来年度は多数の応募を期待しております。

b0117713_13232855.jpg

[PR]
by hokkaido-jia | 2010-03-14 02:00 | 北の建築家たち Vol.66
JIA北海道支部卒業設計コンクール2010

                                               JIA全国学生卒業コンクール委員 伊達昌広

JIA 北海道支部卒業設計コンクール2010 審 査 経 過

12月20日 ワーキンググループにて日程、各大学、高専、短大、専門学校に案内を発送
3月01日 ワーキンググループにて審査員を確定
審査員長   平尾 稔幸(平尾建築事務所)     JIA会員
         審査員     山内 圭吉(山内圭吉建築研究所)  JIA会員
               前川 尚治(コウド一級建築士事務所)JIA会員
               小西 彦仁(ヒココニシ設計事務所) JIA会員
                        以上の四氏による審査を決定

3月20日 STV北2条ビルB1F会議室において公開審査にて厳正な審査の基、審査員の投票結果を
もとに協議し、金賞1点、銀賞1点、銅賞1点、審査員特別賞2点選出。
4月23日 JIA北海道支部総会において金賞、銀賞、銅賞の表彰状を授与予定。

b0117713_8155939.jpgb0117713_8161661.jpg



b0117713_8175842.jpgb0117713_818713.jpg




JIA全国学生卒業設計コンクール2009公表審査会

去る11月14日(土)に行われ、金賞1点、銀賞2点、各審査委員特別賞5点が選ばれました。

一次審査通過者25名
二次審査通過者13名
三次審査通過者8名

により最終審査が行なわれ、新居千秋審査委員長賞に石黒 卓君(北海道大学)が北海道支部から
選ばれました。
[PR]
by hokkaido-jia | 2010-03-14 01:30 | 北の建築家たち Vol.66