(社) 日本建築家協会   北海道支部 広報
by hokkaido-jia
検索

カテゴリ
北の建築家たち2010
北の建築家たち Vol.66
北の建築家たち Vol.64
北の建築家たち Vol.65
速報 建築家展 2008
北の建築家たち Vol.63
北の建築家たち Vol.62

カテゴリ:速報 建築家展 2008( 13 )
速報 建築家展-11
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月9日(土)13:30pm~16:30pm
講演会 「産業・まちなか遺産を活かす人・ココロ」 が開催されました。       於:近代美術館講堂 

講師:水野一朗(JIA北陸支部/金沢工業大学環境・建築学部教授
           (株)画研究所顧問として建築設計及び、地域計画の業務に従事)

コーディネーター:角 幸博(北海道大学大学院工学研究科教授)
パネリスト:
奥村 大亮(MOKU 代表/公開秘密結社あじと)
小林 精志(小林酒造株式会社 取締役企画室長)
西條晴彦(エコロジー建築工房/(有)西條インテリアデザイン伊達支店 専務取締役)
東田秀美(NPO法人旧小熊邸倶楽部代表)
平尾稔幸(建築家/平尾建築事務所)
  

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、

b0117713_16425020.jpgb0117713_1643338.jpg
                                           右:講師 水野一朗

 2月9日(土)に行なわれた開発局主催のシンポジュウムには、会場定員を上回る
参加者が詰めかけ、近代美術館の講堂240席はまたたくまに市民に埋め尽くされた。

 昨年の2月にスタートしたこのシンポの主旨は、道内において歴史的建造物の再生
を通してまちづくりに取り組む、市民団体、NPO、学者、行政、個人経営者、建築家等
が一堂に会し、自らの事例報告を述べながら、各人が忌憚のない意見を述べるとともに
横へのつながりを深めることを目的としている。

 シンポが初回から市民に好評を博したこと、またコメンテーターにはJIAからも数名の
参加者が出席していたことが契機となり第二回目はぜひ建築家展の市民参加イベントの
ひとつとして誘致したいとする支部の要望により実現に至った。

 結果は、主催者をはじめ、講師の水野先生、コディネーターを務めた角先生、各パネ
リストの皆様が見事に会場を盛り上げ、壇上と客席に分かれた講演会にありがちな堅苦
しい雰囲気などみじんも感じさせない、ほのぼのとした空気感のただよう催しとなった。

 水野先生曰く:「みなさんたくましいですね(笑い)」
 角先生曰く:「まちづくりは市民が主役、専門家は脇へ」等の言葉は

 これからのシンポジュウムを考える上で大切な視点となるだろう。

 散会後の懇親会にもNPO関係者を含めたくさんの方に参加いただきシンポの成功と労い
の言葉をいただいた。ホスト側としても肩の荷が下りた一日となった。  

Text&Photo:山本亜耕(環境部会)
b0117713_16441191.jpgb0117713_1644361.jpg


b0117713_16454088.jpgb0117713_164644.jpg


b0117713_16463018.jpgb0117713_16465083.jpg
                                      左から パネリスト:奥村 大亮、 西條晴彦、小林 精志、平尾稔幸

b0117713_16471844.jpgb0117713_16473855.jpg
                                       左 パネリスト:東田秀美、右 コーディネーター:角 幸博

b0117713_16475715.jpgb0117713_16481213.jpg


b0117713_16483819.jpg


b0117713_1649297.jpg
[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-17 23:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-10
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月8日(土)18:00pm~20:00pm
講演会 「自然素材を生かした藤森流建築の作り方」 が開催されました。       於:STVホール
藤森照信(東京大学)

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_21412010.jpg


 自然素材を荒々しく使うこと、植物を建築に取り込むこと、このふたつが藤森氏の「流儀」。
ハイテクな「ツルツルピカピカ」な建築が多い今日において、何か建築の大切なものを呼び
覚ましてくれた一時を感じました。また苦労が多い建築づくりを、笑いを誘う語り口を通して、
夢があり楽しいものであることを伝えていただき、大いに満足できた講演会でした。

 480名を超える入場者で、ホールは立ち見が出るほどの満員御礼。これほど、藤森建築
は、人気があるのかとあらためて思い知った、あっというまの2時間となりました。

Text&Photo:沢田貞和
b0117713_21433698.jpgb0117713_21434678.jpg

[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-10 06:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-09
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月8日(木)13:30pm~15:00pm
住宅セミナー 「ココをよーく見つめながら、こんなココロで作ってます」 が開催されました。       於:近美展会場内 

講師:五十嵐 淳 X 小室 雅伸 作品対談 (司会 小西彦仁)
  

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_2011039.jpgb0117713_2002930.jpg
                
 午後の建築家展はかなりの入場者・・・立止まり、いつの間にか、立ち見もでるほどの盛況ぶりでした。

 建築家 小室雅伸氏のこだわり、北海道の「環境」厳しい気候風土から身を守る「性能」を追求する姿勢。
・・・お陽様と暑さ・雪と寒さ・見たいものと見られたくないもの・切り離すものとつなげるもの・・・

 北海道の「環境」と否応無しに「応答」しながら解いていくことに確信を持てるように・・・厳しい自然
や外部環境を、デザインに置き換えて設計していく姿勢・・・建築家 五十嵐 淳氏のこだわり。

 おのおのの作品から語りかけられてくること、粘り強い「構想力」に裏づけされた「手」へのこだわり
を感じ。潔よく無駄を省かれた質の高い「ディテール」と、ねらいどおりの「空間」に時を忘れた。。。

Text&Photo:奥島憲晶
b0117713_2023722.jpgb0117713_203253.jpg


b0117713_2033910.jpgb0117713_205287.jpg
                                            講師 左:五十嵐 淳  X  右:小室 雅伸


b0117713_2063246.jpg


b0117713_207430.jpgb0117713_2083562.jpg


b0117713_20291576.jpg


「景」展示会場
b0117713_2030128.jpgb0117713_20303385.jpg


b0117713_2031972.jpgb0117713_20332852.jpg

[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-08 20:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-08
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月7日(木)13:30pm~15:00pm
住宅セミナー 「女性建築家と考える住宅のツボ」 が開催されました。       於:近美展会場内 

講師:吉田知子+奈良顕子+日野桂子+川村弥恵子 (司会 山之内裕一)
  

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_195088.jpg

                
 道内で活躍する女性建築家が、住宅設計へのこだわりを語った「お題」に応える
4人4様の講演を楽しみました。

「建築家は何する人?」
「住宅の常識・非常識」
「ここが住宅(設計)のツボ」
「クライアントの皆さまへ」

 北国の暮らしを育む「家づくり」は、ここ20年を経て格段にその性能を進化させ、より多様な
快適さが求められている。女性建築家4人、それぞれに個性的な「オンリーワンの住宅」が紹介された。


Text&Photo:照井康穂
b0117713_1951524.jpgb0117713_19522029.jpg


b0117713_19534117.jpg



b0117713_19541836.jpgb0117713_1956363.jpg
       講師 左:奈良顕子    右:吉田知子                    講師 左:川村弥恵子   右:日野桂子

b0117713_19543473.jpg
[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-08 12:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-07
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月6日(水)14:00pm~16:00pm
講演会 「アイスドームの構造と空間」 が開催されました。       於:近代美術館講堂 

講師:粉川 牧(北海道東海大学 芸術工学部教授)
  

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_19354455.jpgb0117713_193679.jpg
                                           右:講師 粉川 牧               

 「アイスドーム」文字通り、冬の寒冷地なればこその「氷の建築空間」、その研究・
製作風景を講演。

 冬季限定とはいうものの、その「氷の建築空間」が果たす、地域産業への利用例や、
巨大「アイスシェル」の研究。今後、このような空間が突如「冬」に現われる、そうです
「雪を楽しむ」我々道産子にとっては、大変興味深くワクワクするようなお話でした。

 講演会場は、日本人の方だけでなく、雪祭り見学後の外国の方もいらっしゃいました。
 学生・主婦・ご年配のご夫婦・・・幅広い年齢層の方が興味深く見学していました。

Text&Photo:大杉 崇
b0117713_1941927.jpg


「景」展示会場
b0117713_19421475.jpgb0117713_19422528.jpg


b0117713_19434179.jpg
[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-08 08:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-06
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月5日(火)14:00pm~16:00pm
講演会 「北海道赤レンガ建築賞の20年」 が開催されました。       於:近代美術館講堂 

講師:越野 武(建築史家)
  

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_7381958.jpg

                
 北大の瀬戸口(准教授)の司会で、建築史家の越野武先生が北海道赤レンガ建築賞の
20年を総括されました。これまでの受賞作をふりかえりながら、長期的なタイムスパンで
みるとき、建築は強く・正しく・美しくあるべきということと、居心地良く使われ続けることが
大切など、建築家を鼓舞するお話しをされました。

Text&Photo:平尾稔幸
b0117713_745303.jpg



b0117713_7432019.jpg

左:司会 瀬戸口 剛(北大)              右:講師 越野 武(建築史家) 
[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-06 07:54 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-06
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月3日(日)14:00pm~16:00pm
講演会 「上遠野 徹の建築」 が開催されました。       於:近代美術館講堂 

講師:上遠野 徹(建築家)
    角  幸博 (北海道大学)

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_823286.jpg

                左:講師 上遠野 徹(建築家)              右:講師 角  幸博 (北海道大学)


  講堂は講演前に満席となり、上遠野氏の「建築へのこだわり」が、穏やかなトーンで
交わされました。講演の終盤には、ステージにて、上遠野 徹先生の実際に描いた、
建築家「アントニオ・レーモンド」事務所時代の「白焼図面」、また、当時の新聞記事など
を会場で披露して頂き、そこに集う皆様の質問それぞれに、ひとつひとつ丁寧にお答え
してくれていたのが印象的でした。

  建築の歴史と重みを感じれる時を過ごせました。ありがとうございます。

Text&Photo:大坂崇徳

b0117713_814341.jpgb0117713_12555882.jpg


b0117713_12561564.jpgb0117713_12563561.jpg


b0117713_1258566.jpgb0117713_12582154.jpg

[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-04 00:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-05
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月3日(日)13:00pm~15:00pm
ワークショップ「照明器具をつくろう 」 が開催されました。        於:近美展会場内

講師:中屋 恵美(照明デザイナー)

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、



b0117713_749247.jpgb0117713_7494326.jpg
                                          講師:中屋 恵美(照明デザイナー)


  前日同様にキャンセル待ちの出る程の人気で、「ものづくり」の熱気が伝わって
きました。昨日は「椅子」今日は「照明器具」ということもあって、女性・子供達が多く
集まり製作を開始。見た目には、すぐ出来そうな「フォルム」のようでありながら、実
際にとりかかると皆さんかなり苦戦が続いている様子でした。

 そこで、素材の特性やつくり方を丁寧に、中屋恵美 先生が解説してくれました。

 その中で、参加者一人一人が、思い思いの「組み合わせ」や「フォルム」を発見し
ながら、製作が続きました。完成後、「あかり」の点灯試験をしながら、一人一人の
製作の「感想」がインタビューされました。

 いつもの部屋の明るい灯りを消して、今日製作した「唯一無二の照明」が、各家庭で
ほんのりと部屋を照らし、いつもと違った「時」が流れたことでしょう・・・。

*会場にはSTVの撮影班も入り、3月に放送の予定だそうです。

Text&Photo:大坂崇徳

b0117713_750956.jpgb0117713_7504168.jpg


b0117713_7505237.jpg



b0117713_7511585.jpg



    
[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-03 23:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-04
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月2日(土)18:00pm~20:00pm
建築家 斉藤 裕氏による講演会 「金色の塵」 が開催されました。       於:STVホール 

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_6572442.jpgb0117713_6573754.jpg

     「伝統とはすなわち、黄金の塵が降り積もったものである。
      黄金の塵とは、人間の本質からつくられたものであり、
      それに触れると予感の力を与える」(建築家 ルイス・カーン)


「銅鐸」から京都島原の「角屋」まで、1.700年間の日本文化・日本建築を、齋藤 裕の
「眼」で分析した、3時間に及ぶたいへん熱のこもった講演会でした。

お話の中で特に、寸法-「プロポーション」と、形と素材-「真・行・草」が、
建築の理解と創造に重要なヒントになると思われます。

*参考文献-「建築のエッセンス」「あ・うんの数奇講座」(いずれも齋藤 裕著)

Text&Photo:勇田常夫
b0117713_659115.jpg

[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-03 01:00 | 速報 建築家展 2008
速報 建築家展-03
建築家展「ココでくらす ココロでくらす」

2月2日(土)13:00pm~15:00pm
ワークショップ「ダンボールで家具をつくろう 」 が開催されました。        於:近美展会場内

講師:中村 昇(家具作家)
    高橋三太郎(家具作家)

今後の詳しい内容は、建築家展ブログをご覧ください。
イベント詳細情報(ポスター裏面をクリックしてください、内容文字が判読できます)
講演者のプロフィール等はこちら、


b0117713_6493985.jpgb0117713_6495797.jpg


  整理券が配られ午前中の段階で定員に達した。嬉しい悲鳴の中、「イスをつくろう」
っと大きな声が響き、家具作家、高橋 三太郎 先生 中村 昇 先生の指導の下、
ダンボールで「イス」を製作する、「ワークショップ」がスタートしました。

 ダンボールによる心材と辺材を組み合わせて強度がしっかりとした「イス」を、2時間
の制限時間いっぱいに使って、汗を流しながら小学生のお子さんから年配の方まで
懸命の作業が続きました。その熱気のなか参加者の楽しそうな笑顔が印象的でした。

 次々と出来上がる「作品」は、それぞれ個性的にステンシル・カラーペンなどで色付け
られたりして、さらに愛着が沸いていた様子です。

 家で自分の造った家具に座ることを楽しみにしながら帰っていく姿を嬉しく思いました。

Text&Photo:大坂崇徳
b0117713_6503311.jpgb0117713_6505225.jpg


b0117713_6512890.jpgb0117713_6514519.jpg


b0117713_652165.jpgb0117713_6524125.jpg


b0117713_6531832.jpg
    堂々ダンボール椅子の完成 手前左、講師:中村 昇氏(家具作家) 手前右、高橋三太郎氏(家具作家)
[PR]
by hokkaido-jia | 2008-02-03 00:00 | 速報 建築家展 2008