(社) 日本建築家協会   北海道支部 広報
by hokkaido-jia
検索

カテゴリ
北の建築家たち2010
北の建築家たち Vol.66
北の建築家たち Vol.64
北の建築家たち Vol.65
速報 建築家展 2008
北の建築家たち Vol.63
北の建築家たち Vol.62

環境省エコハウスモデル事業
                                              環境行動ラボ委員会 小室雅伸

 全国20か所でエコハウスを建設する環境省の事業は、JIA環境行動ラボ委員会が事業総括業務を
プロポーザルで得て、各地域のJIA会員を窓口担当者に任命して事業を進めてきた。北海道からは
下川町と美幌町が選ばれ、小室と小西彦仁がそれぞれ窓口となった。

 設計者選定はプロポーザル方式で行われ、下川町は櫻井百子氏、美幌町は堀尾 浩氏が選定された。
この事業は、完成後はもちろんのこと設計者選定から工事中も含めて、エコハウスの普及活動・情報
発信がもとめられた。プロポーザル応募者には3回の勉強会出席が義務付けられ、工事の様子も現場
見学会・セミナーにて広く公開することが求められた。

b0117713_2151917.jpg

                                             下川町エコハウス2月末の現場

 平成21年度事業なので平成22年3月31日までの完成が必須だから極めて特異なスケジュールに
ならざるを得なかった。とりわけ北海道においては冬季の寒さと雪との戦いが施工に伴うことが大きな
負担になったが、両町とも役場担当者・設計者・施工者が一丸となって協力しあい円滑に工事が進められ
期限までの完成が成し遂げられるに違いない。

b0117713_2154360.jpg

                                           下川町プロポーザル参加者勉強会
 
  両町とも林業に力をいれており、先進的なエコ技術を採り入れ、地域の暮らしへの提案であるとともに、
地場産の木材活用を拡大することも大きなポイントである。2つのエコハウスは北海道が蓄えてきた寒冷
地建築技術の先端を示すものとして、更なる居住環境の向上に役立つ情報を発信し続けるものと確信する。

b0117713_2155724.jpg

                                                 下川町第2回現場見学会
 
[PR]
by hokkaido-jia | 2010-03-14 04:00 | 北の建築家たち Vol.66
<< 第20回旭川建築作品発表会 美幌町エコハウス >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧