(社) 日本建築家協会   北海道支部 広報
by hokkaido-jia
検索

カテゴリ
北の建築家たち2010
北の建築家たち Vol.66
北の建築家たち Vol.64
北の建築家たち Vol.65
速報 建築家展 2008
北の建築家たち Vol.63
北の建築家たち Vol.62

建築セミナー 道東地区(釧路・帯広)
                                 道東地区委員長 小野寺一彦、副委員長 眞壁喜男

 道東地区の会員は現在11名、その内5名が釧路管内に事務所を構えています。小さなJIAコミュニティー
で活動していくには、JIA会員以外に地域の設計者も含めた活動が中心になります。

 2009年度は同じ道東地区十勝での活動が主となりましたが、十勝と日程をずらしての同時開催「建築
セミナー」を、7月19日に釧路で、7月30日に帯広で開催しました。

 講師には北海道で環境建築のトップランナーとして活躍し、自身の建築でそれを実践している
北海道建築工房の小室雅伸氏にお願いしました。

 「環境共生建築へのスタンス−性能をデザインする−」
 「性能をデータで想定し検証する−北海道建築工房の実例から−」

 と題された二つのテーマは小室氏が長い間取組み実践しているテーマでもあり、再認識・再発見・そして
新発見をさせて頂いたセミナーでした。

b0117713_19302469.jpg


 19日当日は地域の設計者や釧路高専建築の教授にも声をかけ熱心な10数名のセミナーとなりましたが、
帯広からはJIA道東地区の委員長である小野寺氏も駈け付け、その後の十勝での同時開催につながりま
した。釧路でのセミナーに際し、小室氏には毎年プライベートで7月に来釧されていることもあり、その日程の
一部を割いて講師としての実費無しで受けていただいた事に改めて感謝いたします。勿論港町釧路の海の
幸でテーブルは埋めさせて頂きました。
                                                              (真壁)

b0117713_19311351.jpg

                                                     講演後の質疑応答

 30日の帯広でのセミナーでは、副支部長の三栖氏も駆けつけてくれました。釧路の内容にさらに加筆され
「建築設計の工学的思考」と題された会場には、設計者の他行政の建築担当者や工務店の設計担当者等
幅広い人たちが熱心に小室氏の話に耳を傾けておりました。中でも、具体的な数値を用いた面積と消費
エネルギーの比率や、外壁と開口部の比を実際の建物で比較した熱損失量等具体的で、解り易い内容で
した。結果、参加者からも多くの質疑も出され活発な意見交換が行われました。

b0117713_19321312.jpg

                                                    三栖副支部長の挨拶

 終了後は会場を変え、地元の設計者との更なる交流があり建築談義に多いにもり上がりました。
                                                             (小野寺)
[PR]
by hokkaido-jia | 2010-03-14 08:40 | 北の建築家たち Vol.66
<< 出江会長をお迎えして 函館地区 北のジュニアオープンデスク(第... >>